イェレナ・ニコリッチ

イェレナ・ニコリッチセルビア語: Јелена Николић[1]1982年4月13日 - )は、セルビアの女子バレーボール選手。ベオグラード(当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはウイングスパイカーセルビア代表

イェレナ・ニコリッチ
Јелена Николић
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Jelena Nikolic 1
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 1982年4月13日(37歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗ベオグラード
ラテン文字 Jelena Nikolić
セルビア語表記 Јелена Николић
身長 194cm
体重 75kg
選手情報
所属 アゼルバイジャンの旗 アゼリョル・バクー
愛称 エレナ
ポジション WS
利き手
スパイク 315cm
ブロック 300cm

来歴

1999年、17歳の時にイタリアセリエAのレッジョ・エミリアでデビュー。その後ベルガモヴィチェンツァフランスリーグRCカンヌを経て、2005年に日本の東レ・アローズで1シーズンプレー。2007年には武富士バンブーでもプレーした。2008年からはトルコリーグワクフバンクに所属している。194cmの身長から放たれる豪快なスパイクだけではなく、守備力も安定しており万能なプレーヤーである。

2000年に代表(当時はユーゴスラビア)に初選出され、セルビア・モンテネグロ代表として出場した2006年世界選手権では銅メダル獲得に大きく貢献した。2007年欧州選手権では準優勝を果たし、2007年ワールドカップに出場。翌2008年には北京オリンピックに出場した。

2009年からはチームのキャプテンを務め、2010年ヨーロッパリーグでは2連覇を達成し、自身もMVPを受賞。同年10-11月の世界選手権に出場した。

2011年に地元で開催された欧州選手権では初の金メダルに輝いた。同年のワールドカップには怪我のため不参加だった。2012年より産休に入った。

2013年より代表チームへ復帰し、同年のFIVBワールドグランプリで銅メダル、ヨーロッパ選手権で4位になった。2014年、アゼルバイジャンスーパーリーグのアゼリョル・バクーに移籍した。同年9-10月の世界選手権に出場した。2015年ワールドカップ2016年リオ五輪で銀メダルを獲得した。

エピソード

2005年に東レアローズに入団。その時の気持ちについて後に『文化や生活習慣が今まで自分が暮らしてきた環境と違い、別世界映画の中の世界に来たみたい。』、『選手やファンや関係者の熱い歓迎がとても凄かった。私をまるで女神のように迎え入れてくれた。あの瞬間を一生忘れない。』と2005年7月6日付スポーツ新聞ジュルナルで語っている。

同チームで共にプレーしたキャプテン(当時)の向井久子を姉のように慕い、向井からは「ビッグベイビー」(行動が子供っぽいことから)と呼ばれていた。退団の際は生まれて初めて書いた手紙を向井に贈っている。

2006年世界選手権では日本とセルビア・モンテネグロの対戦があったが、元チームメイトの木村沙織荒木絵里香に対し『対戦するのが楽しみです』と語った。

2007年ワールドカップでは、日本のテレビ局からは美しきバルカン砲とキャッチコピーが付けられた。元チームメイトの荒木絵里香とはよく一緒にご飯を食べていた。試合のときは仲が良いからこそブロックで止めたいという思いが強く、同大会では互いのスパイクを止めた。また同大会で『加奈は12人に入っているの?良かった。あの子は頑張り屋さんだから』と大山加奈のことを気遣うコメントを残した。

どら焼きが大好物で、2007-2008Vプレミアリーグでは試合後にどら焼きを食べる姿がたびたび見られた。

球歴

所属クラブ

脚注

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Jelena Nikolić

外部リンク

1982年のバレーボール

< 1982年 | 1982年のスポーツ

1983年のバレーボール

< 1983年 | 1983年のスポーツ

2010年バレーボール女子欧州リーグ

2010年バレーボール女子欧州リーグ(英語: 2010 Women's European Volleyball League)は、毎年開催されているバレーボール欧州リーグの第2回女子大会である。

2016年リオデジャネイロオリンピックのセルビア選手団

2016年リオデジャネイロオリンピックのセルビア選手団は、2016年8月5日から8月21日にかけてブラジルのリオデジャネイロで開催された2016年リオデジャネイロオリンピックのセルビア選手団、およびその競技結果。

2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技

2016年リオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技は、2016年にブラジルのリオデジャネイロで開催されたリオデジャネイロオリンピックのバレーボール競技として行われた。

インドアは男女ともマラカナンジーニョで1日に最大6試合が開催されるため、全76試合でテクニカルタイムアウトが無しとなった(各チーム1セットで2回までの30秒間のタイムアウトのみ有り)。世界最終予選同様、チャレンジシステム(ビデオ判定)が採用された。男女とも、予選4位通過したチームの優勝となった。

ビーチバレーの会場はコパカバーナ・アリーナ。

4月13日

4月13日(しがつじゅうさんにち)はグレゴリオ暦で年始から103日目(閏年では104日目)にあたり、年末まではあと262日ある。誕生花はクマガイソウ、エビネ。

RCカンヌ

RCカンヌ(Racing Club Cannes)は、フランス・カンヌを本拠地とする女子バレーボールクラブ。

アゼリョル・バクー

アゼリョル・バクー(Baki-Azeryol)は、アゼルバイジャン・スーパーリーグに所属し、バクーを本拠地とする女子バレーボールクラブ。

アーニャ・スパソイエビッチ

アーニャ・スパソイェヴィッチ(セルビア語: Ања Спасојевић、1983年7月4日 - )は、セルビアの女子バレーボール選手。ベオグラード(当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはウイングスパイカー。元セルビア代表。

「東欧の至宝」と称された。

セルビアのバレーボール選手一覧

この記事はセルビアのバレーボール選手一覧(-せんしゅいちらん)である。

既に記事があるものに関してはCategory:セルビアのバレーボール選手を参照されたい。

この項目はCategoryではないので、記事の無い選手について赤リンクのままにしておく事が出来る。記事の無いものに関しては一時的に簡単な説明(時代、クラブ)等を併記しておいて構わない。

バレーボールセルビア女子代表

バレーボールセルビア女子代表は、バレーボールの国際大会で編成されるセルビアの女子バレーボールナショナルチームである。

なお、2002年までのユーゴスラビアと2004年-2006年のセルビア・モンテネグロも本項で扱う。

バレーボール選手一覧

バレーボール選手一覧(バレーボールせんしゅいちらん)は、バレーボール選手およびビーチバレー選手の一覧である。日本・韓国・北朝鮮・中国・チャイニーズタイペイ以外の国・地域の選手は、Last name(姓)で掲載している。カテゴリーで検索した場合にはこちらから検索のこと。

バレー・ベルガモ

バレー・ベルガモ(Volley Bergamo)は、イタリア・ベルガモを本拠地とする女子バレーボールクラブチーム。今季スポンサー名込みの総称はノルダ・フォッパペドレッティ・ベルガモ(Norda Foppapedretti Bergamo)。通称はベルガモ。

ヨバナ・ブラコチェビッチ

ヨヴァナ・ブラコチェヴィッチ(セルビア語: Јована Бракочевић、1988年3月5日 - )は、セルビアの女子バレーボール選手。ヴォイヴォディナ自治州のズレニャニン(当時はユーゴスラビア社会主義連邦共和国)出身。ポジションはオポジット。セルビア代表。

ワクフバンクSK

ワクフバンク・スポル・クリュビュ(トルコ語: Vakıfbank Spor Kulübü, 英語: Vakıfbank Sports Club)は、トルコ・イスタンブールを本拠地とする女子バレーボールクラブであり、世界クラブ選手権で歴代最多3回の優勝を誇る。

ヴィチェンツァ・バレー

ヴィチェンツァ・バレー(Vicenza Volley, 現ジョイ・バレー・ヴィチェンツァ Joy Volley Vicenza)は、イタリア・ヴィチェンツァを本拠地とする女子バレーボールクラブチーム。今季スポンサー名込みの総称はOSMO BpVi ヴィチェンツァ(OSMO BpVi Vicenza)。通称はヴィチェンツァ。

在日セルビア人

在日セルビア人(ざいにちセルビアじん)は、日本に一定期間在住するセルビア国籍の人々である。

東レ・アローズ (女子バレーボール)

東レ・アローズ(とうレ・アローズ)は、滋賀県大津市を本拠地とする東レの女子バレーボールチームである。2018年7月現在、V.LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。

武富士バンブーの歴代選手・スタッフ一覧

武富士バンブーの歴代選手・スタッフ一覧(たけふじばんぶーのれきだいせんしゅすたっふいちらん)は、日本の女子バレーボールチーム「武富士バンブー」がイトーヨーカドープリオールから全体移籍した2001年度より休部(2008年度)までの歴代選手・スタッフの一覧である。記載の年齢は参考文献発刊日基準である。

 
獲得メダル
Flag of Yugoslavia (1992–2003); Flag of Serbia and Montenegro (2003–2006).svg セルビア・モンテネグロ
世界選手権
2006 大阪
Flag of Serbia.svg セルビア
オリンピック
2016 リオデジャネイロ
ワールドカップ
2015 名古屋
ワールドグランプリ
2013 札幌
セルビアの旗 バレーボールセルビア・モンテネグロ女子代表 - 2006 世界選手権3位
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2007 ワールドカップ
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2010 世界選手権
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2011年女子欧州選手権
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2014 世界選手権
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2015 ワールドカップ 2位
セルビアの旗 バレーボールセルビア女子代表 - 2016 リオ五輪 2位 オリンピックの旗

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.