ア・ラマ

ア・ラマ (A Lama) は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は2,918人(2011年:2,976人、2010年:2,966人、2009年:3,001人、2004年:2,905人、2003年:2,957人)[1]。住民呼称は、男女同形のlamense。カスティーリャ語表記は、定冠詞をカスティーリャ語に変えたLa Lama。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は92.88%(2001年)。

A Lama

{{{市章説明}}}

ローマ橋

ローマ橋
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ポンテベドラ
司法管轄区 ポンテベドラ
面積 111.8 km²
教区数 10
居住地区数 117
標高 478m
人口 2,918 人 (2012年[1]
人口密度 26.1 人/km²
住民呼称 lamense
自治体首長
(2011年)
ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG
A Lamaの位置(スペイン内)
A Lama
A Lama
スペイン内ア・ラマの位置
A Lamaの位置(ポンテベドラ県内)
A Lama
A Lama
ポンテベドラ県内ア・ラマの位置

北緯42度23分28秒 西経8度26分38秒 / 北緯42.39111度 西経8.44389度座標: 北緯42度23分28秒 西経8度26分38秒 / 北緯42.39111度 西経8.44389度

Situacion A Lama
ガリシア州内の位置

地理

ア・ラマはポンテベドラ県の中部に位置し、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。隣接する自治体は、北がコトバーデフォルカレイ、東がベアリスアビオン(ともにオウレンセ県)、南がフォルネーロス・デ・モンテス、西がポンテ・カルデーラスである。自治体中心地区はア・ラマ教区のア・ラマ地区[2]

ア・ラマはポンテベドラ司法管轄区に属す[3]

人口

住民は10の教区の117の地区(集落)に居住する[1]

ア・ラマの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

歴史

自治体内にはポルテーラ・ダ・クルス、オ・セイショ、オ・スイード、アンタスなどに古墳など巨石文化時代の遺跡が残されている。

また、青銅器時代のものとみられる剣や、カストロ・デ・ガシャーテではいくつもの青銅製の斧も発見されている。チャン・ド・カンポ、オウテイロ・セイシーニョ、バル・ド・ガト、ラシャ・ダス・プサスなどでは、ペトログリフも発見されている。カストロについては3ヵ所発見されている。

中世には、北部地域は15世紀以降アルメンテイラ修道院(Mosteiro de Santa María de Armenteira)の支配をうけ、残りの地域はソウトマイヨールの領主の所領であった。

17世紀から18世紀にかけて、アメリカ植民地からもたらされた、トウモロコシ、そしてジャガイモによって、人口が増加、牧畜業も増大した。この農業の変革は夏期の小麦の収穫期においてカスティーリャ地方への季節労働移民を引き起こすこととなった。そして、多くの道が整備され、教会、館、橋がたてられた。この時代にリバダビア、ポンテベドラ、リニャーレスと続く旧街道に、パラーダ川にかかる橋が作られた。

19世紀から20世紀の新大陸アメリカへの移民は、上流階級からその所有していた土地を買い、教育のための施設を整備することを可能にした。

政治

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のホルヘ・カンダ・マルティネス (Jorge Canda Martínez) 、自治体評議員はガリシア国民党:8、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):2、ガリシア民族主義ブロック(BNG):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[6]

1999年6月13日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PSdeG-PSOE 1,156 58.56% 7
PPdeG 731 37.03% 4
BNG 78 3.95% 0

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PSdeG-PSOE)

2003年5月25日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,210 70.43% 8
PSdeG-PSOE 314 18.28% 2
BNG 178 10.36% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,146 60.96% 7
PSdeG-PSOE 526 27.98% 3
BNG 202 10.74% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[6]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 1,032 59.76% 7
PSdeG-PSOE 439 25.42% 3
BNG 245 14.19% 1

首長当選者:ホルヘ・カンダ・マルティネス(PPdeG)

教区

ア・ラマは10の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アンタス(サンティアーゴ)
  • ア・バルシア・ド・セイショ(サンタ・アナ)
  • コベーロ(サン・セバスティアン)
  • エスクアドラ(サン・ロウレンソ)
  • ガシャーテ(サン・ペドロ)
  • ア・ラマ(サン・サルバドール)
  • セイシード(サン・バルトロメウ)
  • ベルドゥシード(サン・マルティーニョ)
  • シェンデ(サン・パウロ)
  • シェスタ(サン・バルトロメウ)

参考文献・脚注

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年8月13日閲覧。
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.13、p.231-232、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5823-6
  3. ^ Pontevedra, partido judicial nº4 de Pontevedra” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2012年5月29日閲覧。
  4. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  6. ^ a b c d e Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2013年8月13日閲覧。

外部リンク

オ・ロサル

オ・ロサル(O Rosal)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・バイショ・ミーニョに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は6,595人(2009年:6,570人)である。カスティーリャ語による表記はEl Rosal。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.21%(2001年)。

カトイラ

カトイラ(Catoira)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は3,469人(2009年:3,473人、2008年:3,485人、2005年:3,502人、2004年:3,510人)である。住民呼称は、男女同形のcatoirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.69%(2001年)。

カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロ(Campo Lameiro)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

クレセンテ

クレセンテ(Crecente)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コトバーデ

コトバーデ (Cotobade) は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は4,432人(2010年:4,427人、2009年:4,448人、2004年:4,644人)。カスティーリャ語表記はCotobad(コトバッド)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.33%(2001年)。

コマルカ・デ・ポンテベドラ

コマルカ・デ・ポンテベドラ(Comarca de Pontevedra)はスペインガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県のほぼ中央に位置する。

バーロ、カンポ・ラメイロ、コトバーデ、ア・ラマ、ポイオ、ポンテ・カルデーラス、ポンテベドラ、ビラボーアの8の自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・カルダスとコマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテス、東がコマルカ・ド・リベイロとコマルカ・ド・カルバジーニョ(ともにオウレンセ県)、南がコマルカ・デ・ビーゴ、西がコマルカ・ド・モラソとコマルカ・ド・サルネスとなっている。

面積は624.0km²で、2010年の人口は123,733人(2009年:123,135人、2008年:122,137人)で、およそ66%の人口がコマルカの中心自治体ポンテベドラに、13%がポイオに居住している。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

ナッシュ=ケルビネーター

ナッシュ=ケルビネーター・コーポレーション(Nash-Kelvinator Corporation)は、1937年から1954年まで存在していた、アメリカ合衆国の自動車及び家庭用電気製品メーカーである。

1937年、自動車会メーカーであったナッシュ・モーターズと、家庭用電気製品メーカーであったケルビネーター・アプライアンス会社の合併により誕生した。ケルビネーターの経営者だったジョージ・W・メイソンをナッシュ・モーターズの後継者としたチャールズ・W・ナッシュによる合併だった。

1952年、ケルビネーター「フード=ア=ラマ(Food-A-Rama)」両開きドア冷蔵庫が発売された。これは、最も初期の両開き(サイドバイサイド)の霜なし冷蔵庫だった。ケルビネーターの消費者向け製品は高級市場に向けたものだった。

1954年、ナッシュ=ケルビネーターはミシガン州デトロイトのハドソン・モーター・カー・カンパニーを吸収合併、アメリカン・モーターズ・コーポレーション(AMC)となった。「ナッシュ」はAMCのブランドとして、1957年まで使用された。家庭用電気製品部門であったケルビネーターは、1968年にAMCから分離され、ホワイト・コンソリデーテッド・インダストリーズ (WCI) に売却された。

ニグラン

ニグラン(Nigrán)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は18,021人(2008年:17,869人)。住民呼称はnigranés/-esa。

ニグランは歴史的にはコマルカ・デ・バル・ミニョール(gl:Val Miñor: バイヨーナ、ニグラン、ゴンドマールの各自治体によって構成)に属していたが、ビーゴ都市圏の拡大に伴い、21世紀初頭に現在のように再編された。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.93%(2001年)。

フォルカレイ

フォルカレイ(Forcarei)、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は4,044人(2010年:4,108人、2009年:4,219人、2008年:4,336人、2007年:4,428人、2006年:4,505人、2005年:4,576人、2004年:4,616人、2003年:4,704人、2002年:4,802人、2001年:4,849人、2000年:4,889人)。カスティーリャ語表記はForcarey。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.57%(2001年)。

フォルネーロス・デ・モンテス

フォルネーロス・デ・モンテス(Fornelos de Montes)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ビーゴに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,002人(2010年:1,966人、2009年:1,976人)。住民呼称は、男女同形のfornelense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.05%(2001年)。

ブエウ

ブエウ(Bueu)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ド・モラソに属する。ガリシア統計局によると2011年の人口は12,438人(2009年:12,331人、2004年12,483人)、面積は30.8km²で、人口密度は400.9人/km²である。住民呼称は、男女同形のbuenense、伝統的な形式であるbueueiro/-aも使われる。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.88%(2001年)。

ベアリス

ベアリス(Beariz)は、スペイン、ガリシア州、オウレンセ県の自治体、コマルカ・ド・カルバジーニョに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は1,285人(2004年:1,404人、2003年:1,477人)である。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は97.00%(2001年)。

ポンテベドラ

ポンテベドラ(Pontevedra)は、スペインガリシア州の南西部、リアス・バイシャスに位置する都市で、ポンテベドラ県の県都である。ガリシア7都市(7 cidades)のひとつに数えられる。レレス川河岸とリア・デ・ポンテベドラ沿岸にある。近隣の自治体バーロ、カンポ・ラメイロ、コトバーデ、ア・ラマ、ポイオ、ポンテ・カルデーラス、ビラボーアとコマルカ(県と市町村の中間単位、コマルカ・デ・ポンテベドラ)を構成する。

ガリシア統計局によると、2012年の人口は82,684人(2010年:81,981人、2009年:81,576人、2007年:80,191人、2004年:78,715人)。県内ではビーゴに次ぐ、2番目の規模の都市である。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は69.09%(2001年)。2006年に、中世の雰囲気が漂う中心街への車の乗り入れを禁止したため静けさと歩行者の安全を取り戻した。駐車場は地下や市街地に多数整備された。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

ポンテ・カルデーラス

ポンテ・カルデーラス(Ponte Caldelas)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は(2010年:6,371人、2009年:6,422人)である。カスティーリャ語表記はPuentecaldelas(プエンテカルデーラス)。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は89.36%(2001年)。

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.