ア・コルーニャ県

ア・コルーニャ県ガリシア語Provincia da Coruña)は、スペインガリシア州。ガリシア州にある4つの県のうちの1つであり、現在の県は1833年にハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。東は同州のルーゴ県、南はポンテベドラ県に接し、北と西は大西洋に面している。県都はア・コルーニャスペイン語による県名はラ・コルーニャ県(Provincia de la Coruña)であるが、ガリシア語の名称が公式名称となっている。

ア・コルーニャ県
ア・コルーニャ県の旗 ア・コルーニャ県の紋章
ア・コルーニャ県の位置
Flag of Galicia.svg ガリシア州
県都 Escudo de A Coruña.svg ア・コルーニャ
公用語 ガリシア語カスティーリャ語
議会
 • 上院
 • 下院
 • 州議会

4議席
9議席
24議席
県議会
 • 議席数
 • 議長

 • 党派別議席数
(2011年){{{議席注}}}

31議席
ディエゴ・カルボ・ポウソ(PPdeG[1]
PPdeG(17)、PSdeG-PSOE(9)、BNG(5)
面積
 • 総計
 • スペイン国内の%
 • 順位

7950.42 km² [2]
1.58%
32位
人口(2010年)
 • 総計
 •スペイン国内の %
 • 人口密度
 • 順位

1,146,458人 [2]
2.51%
144.201 (人/km²)
10位
自治体数 94
住民の呼称 coruñés/-esa
郵便番号 15
ISO 3166-2 ES-C
県議会公式ページ
スペインの県 スペインの旗

地理

ア・コルーニャ県の面積は7876 km²である[2]

地勢

ア・コルーニャ県付近の海岸は、県の北側海岸がリアス・アルタスと呼ばれ、県の西側海岸はリアス・バイシャスと呼ばれる、いわゆるリアス式海岸の名称の由来となった海岸であり、入り組んだ海岸線が連続している。また、フィニステレ岬を擁する。

リア

リア(ガリシア語、ría)とは、深く内陸へと切れ込んだ入り江のことである。

  • リア・デ・アーレス(Ría de Ares)- エウメ川の河口に位置する。
  • リア・デ・ベタンソス(Ría de Betanzos)- マンデオ川とランブレ川の河口に位置する。
  • リア・デ・カマリーニャス(Ría de Camariñas)- オ・ポルト川の河口に位置する。
  • リア・デ・セデイラ(Ría de Cedeira)- ポルト・ド・カボ川の河口に位置する。
  • リア・デ・コルクビョン(Ría de Corcubión
  • リア・デ・コルメ・エ・ラシェ(Ría de Corme e Laxe)- アンジョンス川の河口に位置する。
  • リア・ダ・コルーニャ(Ría da Coruña)- メロ川の河口に位置する。
  • リア・デ・フェロル(Ría de Ferrol)- シュビア川の河口に位置する。
  • リア・デ・ムーロス・エ・ノイア(Ría de Muros e Noia
  • リア・デ・オルティゲイラ(Ría de Ortigueira)- メラ川の河口に位置する。
  • リア・ド・バルケイロ(Ría do Barqueiro)- ソル川の河口に位置し、対岸はルーゴ県である。
  • リア・デ・アロウサ(Ría de Arousa)- ウジャ川の河口に位置し、対岸はポンテベドラ県である。ガリシア州にあるリアで最大。

人口

ア・コルーニャ県の人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

交通

ルーゴ県からは高速道路A-6号線(起点はマドリード)で、またポンテベドラ県からは県都ア・コルーニャと、フェロルとサンティアゴ・デコンポステーラをつなぐAP-9号線で行くことができる。

鉄道網については、現在4路線が通っている。3路線はRENFE(スペイン国鉄)によるもので、そのうちの2路線はカスティーリャ・イ・レオン州とガリシア州をつないでいる。一方はレオンを経て、州内に入り、モンフォルテ・デ・レモス経由でルーゴ、ア・コルーニャに至る。もう一方はサモーラを経て、州内に入り、オウレンセ経由でサンティアゴ・デ・コンポステーラ、ア・コルーニャに至る。RENFEの残り1つの路線は大西洋側を走っており、ビーゴとア・コルーニャを結んでいる。4番目の路線ははFEVE(スペイン狭軌鉄道)によるもので、アストゥリアス州からリア・デ・リバデオを渡り、フェロルに至っている。.

空港はサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港(ラバコジャ)、ア・コルーニャ空港(アルベドロ)がある。

主要な港はア・コルーニャ港フェロル港である。

行政区画

ア・コルーニャ県は94の基礎自治体によって構成されている。

主な自治体 (2010年)

順位 自治体 人口[4]
1 ア・コルーニャ 246,047
2 サンティアゴ・デ・コンポステーラ   94,824
3 フェロル   73,638
4 ナロン   38,285
5 オレイロス   33,550
6 カルバージョ   31,149
7 アルテイショ   30,255
8 クジェレード   28,737
9 アメス   27,900
10 リベイラ   27,504

コマルカと自治体

ア・コルーニャ県は18のコマルカ(郡)に分けられている。

コマルカ 構成自治体(太字は中心となる自治体) 人口(人)[4] 面積(km²)
アルスーア アルスーアボイモルトオ・ピノトウロ 4 18,084 485.0
バルバンサ ボイロア・ポブラ・ド・カラミニャルリアンショリベイラ 4 68,264 246.8
ア・バルカーラ ア・バーニャネグレイラ 2 11,349 213.1
ベルガンティーニョス カバーナ・デ・ベルガンティーニョスカルバージョコリスタンコア・ララーチャラシェマルピカ・デ・ベルガンティーニョスポンテセソ 7 70,246 744.2
ベタンソス アランガベタンソスセスーラスコイロスクルティスイリショーアミーニョオサ・ドス・リオスパデルネビラルマイヨールビラサンタール 11 39,621 677.0
ア・コルーニャ アベゴンドアルテイショベルゴンドカンブレカラルア・コルーニャクジェレードオレイロスサダ 8 395,412 469.8
オ・エウメ ア・カペーラアス・ポンテス・デ・ガルシーア・ロドリゲスカバーナスポンテデウメモンフェーロ 5 26,719 538.7
フェロル アーレスセデイラフェネフェロルモエーチェムガルドスナロンネダサン・サドゥルニーニョアス・ソモーサスバルドビーニョ 11 162,980 623.5
フィステーラ セーコルクビョンドゥンブリーアフィステーラムシーア 5 23,966 339.4
ムーロス カルノータムーロス 2 14,725 143.8
ノイア ロウサーメノイアオウテスポルト・ド・ソン 4 35,832 325.1
オルデス セルセーダフラーデスメシーアオルデスオローソトルドイアトラソ 7 38,832 754.7
オルテガル カリーニョセルディードマニョンオルティゲイラ 4 14,364 391.7
サンティアーゴ アメスボケイションブリオンサンティアゴ・デ・コンポステーラテオバル・ド・ドゥブラベドラ 7 161,893 689.5
オ・サール ドドロパドロンロイス 3 17,117 117.3
テーラ・デ・メリーデ メリーデサンティソソブラードトケス 4 13,427 367.2
テーラ・デ・ソネイラ カマリーニャスビミアンソサス 3 20,188 372.5
シャージャス マサリコスサンタ・コンバ 2 15,767 485.0
94 1,145,488 7,950.4

司法管轄区

La Coruna - Mapa judicial
ア・コルーニャ県の司法管轄区

県内は14の司法管轄区に分けられている[5]。太字は中心自治体。

  1. ベタンソス司法管轄区[6] - アベゴンド、アランガ、ベルゴンド、ベタンソス、セスーラス、コイロス、クルティス、イリショーア、ミーニョ、モンフェーロ、オサ・ドス・リオス、パデルネ、ポンテデウメ、サダ、ソブラード、ビラルマイヨール、ビラサンタール
  2. サンティアゴ・デ・コンポステーラ司法管轄区[7] - アメス、ボケイション、サンティアゴ・デ・コンポステーラ、テオ、ベドラ
  3. フェロル司法管轄区[8] - アーレス、カバーナス、ア・カペーラ、フェネ、フェロル、ムガルドス、ナロン、ネダ、アス・ポンテス・デ・ガルシーア・ロドリゲス、サン・サドゥルミーニョ、アス・ソモーサス、バルドミーニョ
  4. ア・コルーニャ司法管轄区[9] - アルテイショ、カンブレ、カラル、セルセーダ、ア・コルーニャ、クジェレード、オレイロス
  5. ノイア司法管轄区[10] - ロウサーメ、ノイア、ポルト・ド・ソン
  6. カルバージョ司法管轄区[11] - カバーナ・デ・ベルガンティーニョス、カルバージョ、コリスタンコ、ア・ララーチャ、ラシェ、マルピカ・デ・ベルガンティーニョス、ポンテセーソ
  7. コルクビョン司法管轄区[12] - カマリーニャス、セー、コルクビョン、ドゥンブリーア、フィステーラ、ムシーア、ビミアンソ、サス
  8. アルスーア司法管轄区[13] - アルスーア、ボイモルト、メリーデ、オ・ピノ、サンティソ、トケス、トウロ
  9. オルティゲイラ司法管轄区[14] - カリーニョ、セデイラ、セルディード、マニョン、モエーチェ、オルティゲイラ
  10. リベイラ司法管轄区[15] - ボイロ、ア・ポブラ・ド・カラミニャル、リベイラ
  11. ネグレイラ司法管轄区[16] - ア・バーニャ、ブリオン、ネグレイラ、サンタ・コンバ
  12. ムーロス司法管轄区[17] - カルノータ、マサリコス、ムーロス、オウテス
  13. パドロン司法管轄区[18] - ドドロ、パドロン、リアンショ、ロイス
  14. オルデス司法管轄区[19] - フラーデス、メシーア、オルデス、オローソ、トルドイア、トラソ、バル・ド・ドゥブラ

政治

県議会

ア・コルーニャ県議会(Deputación da Coruña)の定数は25、現在の議長はガリシア国民党(PPdeG)のディエゴ・カルボ・ポウソ、議席の内訳はガリシア国民党(PPdeG):17、ガリシア社会主義者党(PSdeG-PSOE):9、ガリシア民族主義ブロック(BNG):5である [1]

脚注

  1. ^ a b Órganos de goberno Mandato 2011” (ガリシア語). Deputación provincial da Coruña. 2012年2月9日閲覧。
  2. ^ a b c Población, superficie y densidad por CCAA y provincias y población, superficie y densidad.” (スペイン語). INE(スペイン国立統計局). 2011年10月7日閲覧。
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ a b c Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.
  5. ^ Partidos judiciales de la provincia de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年10月7日閲覧。
  6. ^ Betanzos, partido judicial nº1 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  7. ^ Santiago de Compostela, partido judicial nº2 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  8. ^ Ferrol, partido judicial nº3 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  9. ^ A Coruña, partido judicial nº4 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  10. ^ Noia, partido judicial nº5 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  11. ^ Carballo, partido judicial nº6 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  12. ^ Corcubión, partido judicial nº7 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  13. ^ Arzúa, partido judicial nº8 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  14. ^ Ortigueira, partido judicial nº9 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  15. ^ Ribeira, partido judicial nº10 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  16. ^ Negreira, partido judicial nº11 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  17. ^ Muros, partido judicial nº12 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  18. ^ Padrón, partido judicial nº13 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
  19. ^ Ordes, partido judicial nº14 de Coruña (A)” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年3月26日閲覧。
ア・コルーニャ

ア・コルーニャ(ガリシア語: A Coruña)またはラ・コルーニャ(スペイン語: La Coruña)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。大西洋に面した港湾都市であり、ア・コルーニャ県の県都である。ガリシア統計局によれば、2013年の人口は245,923人(2012年:246,146人、2011年:246,028人、2010年:246,047人、2007年:244,388人)で、ビーゴに次ぐガリシア州第2の都市。自治体の正式名称はガリシア語のA Coruñaだが、定冠詞なしのCoruñaや、スペイン語の名称La Coruñaも使われる。住民の呼称はcoruñés、coruñesa(コルニェス、コルニェサ)。

近隣の自治体アベゴンド、アルテイショ、ベルゴンド、カンブレ、カラル、クジェレード、オレイロス、サダとコマルカ(コマルカ・ダ・コルーニャ、県と市の中間単位)を構成。

ア・コルーニャは大西洋における重要な港で、この地域の農産物の集散地となっている。造船業や金属加工業など重工業の多くは近隣のフェロルにあるが、ア・コルーニャには石油精製所が建てられている。

近隣の自治体アルテイショには、日本にも出店し、近年成長著しいアパレル産業のザラ(ガリシア語およびスペイン語読みではサラ)を展開するインディテックスの本拠地がある。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は15.84%(2011年)。

インディテックス

インディテックス(Inditex; Industrias de Diseño Textil, S.A.)は、スペインのガリシア州ア・コルーニャ県アルテイショに本社を置くアパレルメーカー。マドリード証券取引所上場企業 (BMAD: ITX)。

1985年に持株会社として設立、1988年にスペイン国外へ初進出し、2001年に株式上場した。創業者のアマンシオ・オルテガは現在スペインの長者番付1位である。

2015年現在で全世界に6,600店舗を持ち、ザラ、ベルシュカ (Bershka)、マッシモ・ドゥッティ (Massimo Dutti)、オイショ (Oysho)、プル・アンド・ベア (Pull & Bear)、ストラディバリウス (Stradivarius)、ザラホーム (Zara Home) などのブランドを展開している。

カバーナス (ア・コルーニャ県)

カバーナス(Cabanas)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・ド・エウメに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,375人(2009年:3,336、2006年:3,343人、2005年:3,368人、2004年:3,368人、2003年:3,330人)である。住民呼称はcabanés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は92.28%(2001年)。

カマリーニャス

カマリーニャス(Camariñas)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県のコスタ・ダ・モルテ (es:Costa da Morte) 地域にある自治体で、コマルカ・ダ・テーラ・デ・ソネイラに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は6,224人(2008年:6,207人、2007年:6,275人、2006年:6,323人、2005年:6,467人、2004年:6,502人、2003年:6,597人)。住民呼称はcamariñán/-ñá。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.94%(2001年)。

カリーニョ

カリーニョ(Cariño)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・ド・オルテガルに属する。1988年オルティゲイラより分離、ガリシア州の313番目の自治体として創設された。ガリシア統計局によると、2010年の人口は4,530人(2009年:4,590人、2006年:4,700人、2005年:4,788人、2004年:4,798人、2003年:4,812人)である。住民呼称はcariñés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

ガリシア州

ガリシア州(Galicia、あるいはGaliza)は、スペインの自治州の1つである。スペイン北西に位置し、南はポルトガル、東はアストゥリアス州とカスティーリャ・イ・レオン州に接し、北と西は1490キロメートルの海岸で大西洋とカンタブリア海に面する。州都はサンティアゴ・デ・コンポステーラ。自治州政府はシュンタ・デ・ガリシア(Xunta de Galicia)。

ガリシア社会主義者党

ガリシア社会主義者党(ガリシア語: Partido dos Socialistas de Galicia、PSdeGまたはPSdeG-PSOE)は全国政党スペイン社会労働党を構成するガリシア自治州での支部政党組織。政治思想はガリシア主義と社会民主主義を基調とする。現有党勢は、自治体議員981、ガリシア4県県議会議員計34(ア・コルーニャ県:9、ルーゴ県:11、オウレンセ県:8、ポンテベドラ県:6)、スペイン国会下院議席6(ア・コルーニャ県:2、ルーゴ県:1、オウレンセ県:1、ポンテベドラ県:2)、同上院議席4(各県1議席)、ガリシア7都市のうちビーゴ、オウレンセ、ルーゴの首長職をガリシア民族主義ブロック(BNG)との連立によって確保している(2012年6月時点)。

書記長職は2009年3月4日までエミリオ・ペレス・トウリーニョが1998年以来務め、2001年からは同党のガリシア自治州政府首相候補となっていた。2005年の自治州選挙では、PSdeGは25議席を獲得、1990年以来過半数を制し、州政府与党であったガリシア国民党(PPdeG)は過半数を失った。ガリシア社会主義者党はガリシア民族主義ブロックと合意に至り、トウリーニョを首班とする連立政権が誕生した(2005年7月)。4年後の2009年の選挙では、国民党が過半数の議席を得、政権を手放すこととなった。

エミリオ・ペレス・トウリーニョは敗北の責任をとって書記長職を辞任、3月4日副書記長のリカルド・バレーラ・サンチェスが書記長代行に就任、4月25日の特別党大会まで党のかじ取りをとることとなった。4月25日の特別党大会での新書記長選出について、同党オウレンセ支部の書記長パチ・バスケスの名が取りざたされ始めた、結局そのマヌエル・”パチ”・バスケスが90%の賛成票で書記長に選出された。

ガリシア社会主義者党の青年組織はXuventudes Socialistas de Galicia(XSG)。

クルティス

クルティス(Curtis)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・ベタンソスに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は4,246人(2006年:4,287人、2005年:4,369人、2004年:4,421人、2003年:4,438人)である。住民呼称は、男女同形のcurtiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.24%(2001年)。

コルクビョン

コルクビョン(Corcubión)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フィステーラに属する。ア・コルーニャ県にある自治体で最も面積が小さい。ガリシア統計局によると、2010年の人口は1,803人(2009年の:1,815人、2006年:1,912人、2005年:1,927人、2004年:1,964人、2003年:1,997人)である。住民呼称はcorcubionés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は96.99%(2001年)。

サダ (ア・コルーニャ県)

サダ(Sada)はスペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体。コマルカ・ダ・コルーニャに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は14,870人(2010年:14,734人、2008年:14,036人、2007年:13,606人、2006年:13,134人、2005年:12,867人、2004年:12,453人)。住民呼称は、sadés/-esa、または男女同形のsadense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は88.74%(2001年)。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostela)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。ガリシア州の州都である。コマルカ・デ・サンティアーゴ郡に属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は95,671人(2010年:94,824人)で、州内ではビーゴ、ア・コルーニャ、オウレンセ、ルーゴに次ぐ5番目の人口規模の街である。住民呼称はcompostelán/-lá、santiagués/-esa、またpicheleiro/-aなどが使われる。本都市を中心に近隣の自治体アメス、ボケイション、ブリオン、テオ、バル・ド・ドゥブラ、ベドラとコマルカ(県と市の中間単位、コマルカ・デ・サンティアーゴ)を構成している。

サンティアゴ・デ・コンポステーラには自治州政府(シュンタ・デ・ガリシア)が置かれ、ガリシア州の政治の中心であると同時に、宗教的には大司教座が置かれている。旧市街は1985年にUNESCO世界遺産に登録されており、また、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつでもあり、世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の終着地でもある。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は35.92%(2011年)。

サンティソ

サンティソ(Santiso)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。2009年の人口は、ガリシア統計局によると1,980人(2006年:2,116人、2005年:2,160人、2004年:2,212人、2003年:2,249人)。住民呼称はsantisés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.55%(2001年)。

セデイラ

セデイラ(Cedeira)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・フェロルに属する。スペイン国立統計局によると、2017年の人口は6,888人だった。住民呼称は、男女同形のcedeirense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は93.81%(2001年)。

ソブラード (ア・コルーニャ県)

ソブラード(Sobrado)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・メリーデに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,087人(2009年2,168人、2006年:2,116人、2005年:2,160人、2004年:2,212人、2003年:2,249人)。住民呼称はsobradés/-esa。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.66%(2001年)。

フェロル

フェロル(Ferrol)はスペイン北西部ガリシア州ア・コルーニャ県の自治体。ガリシアで3番目に人口が集中している地域にあり、近隣の自治体アーレス、セデイラ、フェネ、モエーチェ、ムガルドス、ナロン、ネダ、サン・サドゥルニーニョ、アス・ソモーサス、バルドビーニョなどとコマルカ・デ・フェロルを構成、同コマルカの中心自治体である。ガリシア統計局によると2012年の人口は71,997人(2011年:72,963、2010年:73,638人、2008年:74,696人)で、県内3番目の人口規模で、ガリシア7都市ではもっとも小さい。

フェロルは北部と西部は大西洋に、南部はリア・デ・フェロル(フェロル湾)に面し、東はナロンと境界をなし、アルタブロ湾の一角にある。

フェロルはガリシアで最も工業化された地域のひとつで、歴史的には海に関する産業で発展してきた。特に造船業はこの街の主要な産業である。

住民呼称はferrolán/-lá、ártabro/-a、男女同形のdepartamental(sg.)/departamentais(pl.)など。

ガリシア語話者数の自治体住民に占める割合は12.20%(2011年)。

フランシスコ・フランコはこの街の出身。

ベタンソス

ベタンソス(Betanzos)は、スペイン・ガリシア州ア・コルーニャ県のムニシピオ(基礎自治体)。近隣の自治体と構成するベタンソス郡の中心自治体であり、ガリシア統計局によると、2012年の人口は13,565人(2009年:13,680人、2007年:13,328人、2006年:13,165人、2005年:13,059人、2004年:12,990人、2003年:12,822人)。住民呼称はbetanceiro/-ra、またはbrigantino/-na。ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は、2001年時点において90.91%だった。

ボイロ

ボイロ(Boiro)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・ド・バルバンサに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は19,076人(2006年:18,554人、2005年:18,469人、2004年:18,302人、2003年:18,241人)である。住民呼称は、男女同形のboirense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は98.67%(2001年)。

ムガルドス

ムガルドス(Mugardos)は、スペイン、ガリシア州、ア・コルーニャ県の自治体、コマルカ・デ・フェロルに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は5,536人(2009年:5,565人、2007年:5,636人、2006年:5,638人、2005年:5,628人、2004年:5,612人、2003年:5,737人)である。住民呼称はmugardés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は95.22%(2001年)。

ルーゴ県

ルーゴ県(Provincia de Lugo)は、スペイン北西部の自治州ガリシア州に属する県の1つである。1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。西と南は同州のア・コルーニャ県、ポンテベドラ県、オウレンセ県、東はアストゥリアス州とカスティーリャ・イ・レオン州のレオン県に接する。北は大西洋(カンタブリア海)に面している。ガリシア州を構成する4県のうち、面積は最も広いものの、県人口は353,504人(2010年)で、人口規模ではア・コルーニャ県、ポンテベドラ県に次いで3番目である。県都はルーゴで、県内で最も人口が多く、次いでモンフォルテ・デ・レモス、ビベイロ、ビラルバ、サリア、フォス、リバデオ、ブレーラ、チャンターダと続く。

スペインの旗 スペイン
ア・コルーニャ県の自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.