アルボ

アルボArbo)は、スペインガリシア州ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2010年の人口は3,801人(2009年:3,833人、2004年:4,018人、2003年:4,121人)。住民呼称は男女同形のarbense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は51.45%(2011年)。

Arbo

{{{市旗説明}}}
  
{{{市章説明}}}

自治体庁舎

自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県
コマルカ ア・パラダンタ
面積 42.9 km²
標高 257m
人口 2,904 人 (2014年)
人口密度 67.69 人/km²
住民呼称 arbense
ガリシア語率 51.45% (2011年[1]
Arboの位置(スペイン内)
Arbo
Arbo
スペイン内アルボの位置
Arboの位置(ポンテベドラ県内)
Arbo
Arbo
ポンテベドラ県内アルボの位置

北緯42度07分 西経8度19分 / 北緯42.117度 西経8.317度座標: 北緯42度07分 西経8度19分 / 北緯42.117度 西経8.317度

Situacion Arbo
ガリシア州内の位置

地理

アルボはポンテベドラ県の南東部に位置し、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。隣接する自治体は、北がア・カニーサ、東がクレセンテ、西がアス・ネベス、そして南がミーニョ川を隔ててポルトガルのメルガーソ(Melgaço)となっている。自治体の中心はアルボ教区のパソ地区[2]

人口

アルボの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[3]、1996年 - [4]

歴史

自治体では、新石器時代の石おのが発見されており、現在ポンテベドラの県立博物館に所蔵されている。また、ミーニョ川河畔のサン・ショアン・デ・アルボ地区にはペトログリフが残されている。

アルボについての現存する最古の記録は、アルフォンソ7世によって、サンタ・マリーア・デ・メロン修道院にこの地が寄贈されたことについて記述されている。そして、現在も同修道院の特権、寄贈などに言及するおびただしい数の証文が残されている。

ポルトガル領のメルガソに、川を隔てて隣接するという地理的条件は、しばしば、アルボを直接あるいは間接的に紛争に巻き込むこととなった。フェリーペ4世統治下のポルトガル独立回復戦争スペイン継承戦争、そしてスペイン独立戦争時の1809年2月には、この地に入るために重要なモウレンタン橋をめぐって、この地の住民とフランス兵との間で衝突が起きている。

経済

近年、人口の減少が著しいが、いくつかの経済分野においては、伸びている。とくに、ワイン生産の分野においては順調に伸びている。自治体内にはいくつものワイン醸造所がある。この地域の天候は良質の白ブドウ品種アルバリーニョの生産に適しており、D.O.リアス・バイシャスの一翼を担っている。また、その他の分野ではアグリツーリズムが重要分野となっている。

政治

自治体首長は、ガリシア国民党(PPdeG)のマヌエル・リベーラ・ドミンゲス(Manuel Rivera Domínguez)、自治体評議員はガリシア国民党:6、ガリシア民族主義ブロック(BNG):2、A.I.AR.(Alternativa Independiente de Arbo):2、ガリシア社会主義者党(PSdeG-PSOE):1、となっている(2007年自治体選挙結果)。

教区

アルボは6の教区に分けられている。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アルボ(サンタ・マリーア)
  • バルセーラ(サン・ショアン)
  • カベイラス(サン・セバスティアン)
  • セケリーニョス(サン・ミゲル)
  • モウレンタン(サン・クリストーボ)
  • セラ(サンタ・マリーア)

参考文献・脚注

  1. ^ Neira, Carlos (ガリシア語), Evolución no uso do galego por concellos, Praza Pública.
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.2、p.72-74、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5811-3
  3. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  4. ^ Cifras oficiales de población resultantes de la revisión del Padrón municipal a 1 de enero.

外部リンク

アス・ネベス

アス・ネベス(As Neves)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体。コマルカ・ド・コンダードに属する。1904年までは自治体庁舎の置かれていたサンタ・エウシェニア・デ・セタードスにちなんで、セタードスと呼ばれていた。それ以降1981年までは公式名称ニエベスと呼ばれた。その後、自治体名はガリシア語化されて、現在にいたる。ガリシア統計局によると、2012年の人口は4,300人(2010年:4,429人、2004年:4,440人)。住民呼称は、男女同形のnevense。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.26%(2001年)。

アルヴォ・アスコラ

アルヴォ・アスコラ(Arvo Askola、1909年12月2日 – 1975年11月23日)は、フィンランドの陸上競技選手である。彼は、1936年に開催されたベルリンオリンピックの10000メートル走で銀メダルを獲得した。

ア・カニーサ

ア・カニーサ(A Cañiza)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は5,511人(2011年:6,461人、2010年:6,517人、2009年:6,583人、2003年:6,719人)。住民呼称は、男女同形のcañicense。カスティーリャ語による表記はLa Cañiza(ラ・カニーサ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は95.80%(2001年)。

カンポ・ラメイロ

カンポ・ラメイロ(Campo Lameiro)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局の2009年の人口調査では、自治体人口は2,084人である。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.98%(2001年)。

クレセンテ

クレセンテ(Crecente)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・ダ・パラダンタに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は2,540人(2009年:2,596人)。住民呼称は、男女同形のcrecentense。カスティーリャ語による表記はCreciente(クレシエンテ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.32%(2001年)。

クンティス

クンティス(Cuntis)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。スペイン国立統計局によると、2010年の人口は5,115人(2009年:5,133人、2005年:5,340人)。住民呼称は、男女同形のcuntiense。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.53%(2001年)。

コマルカ・ダ・パラダンタ

コマルカ・ダ・パラダンタ(Comarca da Paradanta)はガリシア州ポンテベドラ県のコマルカで、同県の南東部に位置する。

アルボ、ア・カニーサ、コベーロ、クレセンテの4自治体によって構成される。

隣接するコマルカは、北がコマルカ・デ・ビーゴ、北から東がコマルカ・ド・リベイロ、東がコマルカ・ダ・テーラ・デ・セラノーバ、西がコマルカ・ド・コンダードで、南はポルトガルのメルガーソと接している。

面積は332.2km²で、2010年の人口は16,199人(2009年:16,411人、2007年:16,796人)。コマルカの中心地区は自治体ア・カニーサのア・カニーサ教区のア・カニーサ地区。カスティーリャ語による表記はComarca de Paradanta(コマルカ・デ・パラダンタ)。

スキンファクシとフリームファクシ

スキンファクシ(Skinfaxi)とフリームファクシ(Hrímfaxi)は、北欧神話に登場する馬の名である。

セルデード

セルデード(Cerdedo)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体で、コマルカ・デ・タベイロス=テーラ・デ・モンテスに属する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は2,297人(2009:2,290人、2005年:2,333人)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.93%(2001年)。

トワノ・アルボ

ジュアン・タブロ(Jehan Tabourot)、筆名トワノ・アルボ(Thoinot Arbeau, 1520年3月17日ディジョン - 1595年7月23日ラングル没)は、ラングルの司祭。1589年(勅許は1588年)に出版した、ヨーロッパ史上初めて音楽とダンスのステップを細かく記述したオルケゾグラフィ (Orchésographie)の著者として有名である。

そのほかの著書には、1582年のKalendrier des bergersがある。

ビクトリア号

ビクトリア号(スペイン語: Nao Victoria)は、地球一周航行を目指しフェルディナンド・マゼランが指揮した船団を構成した5隻の内の1隻。木造帆船で85トンの大きさ、船種はキャラック船あるいはナオ船という。

名前はマゼランが国王カルロス1世に忠誠の誓いを立てたサンタ・マリア・デ・ラ・ビクトリア・デ・トリアナ教会(Santa María de la Victoria de Triana)にちなんでいる。

1519年から1522年にかけての地球一周の旅を達成した唯一の船となった。この遠征は過酷なものとなり、出航当時265名いた乗員の内、生還できた者は18名のみであり、航海の中でマゼランはじめ大部分の人員が失われた。

船団を構成した他の船は、旗艦トリニダッド号(110トン)、サン・アントニオ号(120トン)、コンセプシオン号(90トン)、サンチアゴ号(74トン)でビクトリア号(85トン)を含めて総勢5隻である。

マゼランの死後、艦隊の指揮官は様々入れ替わるが、最終的に1522年9月6日、フアン・セバスティアン・エルカーノの指揮の下ビクトリア号がただ一隻、スペインのサンルカール・デ・バラメーダに帰還し、地球一周を達成した。エルカーノを含めた18名の生存者の内の1人、アントニオ・ピガフェッタが後に航海記を著し、地球一周の旅の記録を今日に伝えている。(他にスペイン王の秘書トランシルヴァーノが後にエルカーノなど3人の乗組員から聞き取った調書やビクトリア号の航海長アルボの航海日記なども残っているが記述の分量ではピガフェッタが圧倒している。後年の伝記作家や研究者はピガフェッタの記録を中心に、トランシルヴァーノの調書、アルボの航海日記、セビリアのインディアス総合古文書館に残る公文書などを加えてマゼランの遠征を考察している。)

ビラボーア

ビラボーア(ガリシア語: Vilaboa)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・ポンテベドラに属する。ガリシア統計局によると、2014年の人口は5,972人(2011年:6,024人、2010年:5,991人、2009年:5,978人)。住民呼称はvilaboés/-esa。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は66.11%(2011年)。

フィンランド民主共和国

フィンランド民主共和国

Suomen Kansanvaltainen Tasavalta

フィンランド民主共和国(フィンランドみんしゅきょうわこく、フィンランド語: Suomen Kansanvaltainen Tasavalta、英語: Finnish Democratic Republic)は、フィンランドに1939年12月1日から1940年3月13日の冬戦争終戦まで存在したソビエト連邦による傀儡政権。カレリア地峡の町テリヨキ(現在のゼレノゴルスキ)が臨時の首都と定められ、ソ連はこの政府を唯一のフィンランド政府とみなした。

首班(議長)はソ連に亡命していた共産党員オットー・クーシネンであった。当初(11月12日)ではストックホルム在住の中央委員、アルボ・トゥオミネン(en:Arvo Tuominen)が候補であったが、彼が力不足を理由に拒否したためクーシネンが就任することになったとされる。

ペーテル・ニコライ・アルボ

ペーテル・ニコライ・アルボ(Peter Nicolai Arbo、1831年6月18日-1892年10月14日)はノルウェーの画家である。主にノルウェーの歴史や北欧神話を題材にした作品を手がけた。とりわけ『アスガルトスレイエン』(ワイルドハント)や、北欧神話に登場する女性、ワルキューレを描いた作品は有名である。

ポンテベドラ県

ポンテベドラ県(Provincia de Pontevedra)は、スペインのガリシア州の県で、1833年ハビエル・デ・ブルゴスによって創設された。北は同州のア・コルーニャ県、東は同州のルーゴ県とオウレンセ県、南はポルトガルに接し、西は大西洋に面している。県都はポンテベドラ。

モラーニャ

モラーニャ(Moraña)は、スペイン、ガリシア州、ポンテベドラ県の自治体、コマルカ・デ・カルダスに属する。ガリシア統計局によると2009年の人口は、4,411人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は98.76%(2001年)。

ロデイロ

ロデイロ(Rodeiro)は、スペイン・ガリシア州ポンテベドラ県のムニシピオ(基礎自治体)。コマルカ・デ・デサに属する。ガリシア統計局によると、2016年の人口は2,644人。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は99.24%(2001年)。

原ケ崎町

原ケ崎町(はらがさきちょう)は、徳島県阿南市の町名。2014年3月31日現在の人口は148人、世帯数は65世帯。郵便番号は〒774-0008。

舞曲

舞曲(ぶきょく)は、舞踏のリズムを取りやすくするなどのために使われる伴奏の音楽、あるいは、舞踏のリズムを取り入れた小規模な楽曲。西洋音楽において、舞曲は単独の作品として作曲される場合と、大規模な作品の一部として使用される場合の2つのケースがある。なおバレエ音楽は舞踏のための伴奏音楽に違いないが、一般には舞曲に含めない。

Flag Pontevedra Province.svg ポンテベドラ県自治体

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.