アバイエ

アバイエヘブライ語: אַבַּיֵי‎、Abaye)は、バビロニアで活動していたユダヤタルムードのラビで、第4世代のアーモーラーイーム。彼は3世紀の終わりに誕生し、西暦337年に死去した[1]

参考文献

  1. ^ (英語) The Iggeres of Rav Sherira Gaon. Jerusalem: Rabbi Jacob Joseph School Press - Ahavath Torah Institute Moznaim. (1988). p. 103. OCLC 923562173.

 この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Wilhelm Bacher (1901–1906). "Abaye". In Singer, Isidore; et al. Jewish Encyclopedia. New York: Funk & Wagnalls Company. It has the following bibliography:

アグラット・バット・マハラト

アグラット・バット・マハラト(Agrat bat Mahlat、אגרת בת מחלת)は、ユダヤの神話における悪魔。

アーモーラーイーム

アーモーラー、複数形アーモーラーイーム(אָמוֹרָא, אָמוֹרָאִים āmôrā’, āmôrā’îm)とは、ラビ達の論説を学生に伝達する「伝達者」のこと。のち3世紀から6世紀、イスラエルの地とバビロニアのコミュニティーにおいて教授したハハーミームのこと。

アーモーラーの成果はゲマーラーに纏められている。

サキュバス (夢魔)

スックブス (ラテン語: Succubus [ˈsʊkkʊ.bʊs])。英語ではラテン語を英語読みして サキュバスまたはサッキュバス(英: Succubus、[ˈsʌk.jʊ.bəs]、[ˈsʌk.jə.bəs])。スックブス(サキュバス)は、女性のリリン・デーモン、または通常は性行為を通じて男性を誘惑するために、女性の形で夢の中に現れる(中世の伝説にまで遡る)民間伝承における超自然的存在。邦訳は女夢魔(おんなむま)または女淫魔(おんないんま)。男性型はインクブス(インキュバス)である。

キリスト教の教義ではサキュバスは悪魔扱いで、天使や悪魔は実体を持たない霊的存在であるとされるため夢魔とされたのだが、後にサキュバスは夢の中に出現せずに肉体を持った状態で登場することが多くなった。その肉体的な正体に関しては、悪魔であるので「死体を利用して憑依している」「魔的な方法でセックス用の肉体を構築している」「やはり霊体であり、性交時の肉体だと思っているのは幻覚である」との説。また、17世紀イタリアの神学者ルドヴィコ・マリア・シニストラリ(1622年 – 1701年)は著書にて、「サキュバスは悪魔ではなく樹木の精霊である」としている。

宗教的な伝承においては、サキュバスとの繰り返しの性行為は健康や精神状態の悪化、あるいは死をももたらすと考えられている。現代の表現ではしばしば非常に魅力的な誘惑者または魅惑的女性として描写される。一方、過去にはサキュバスは一般的に恐ろしいもの、悪魔的なものとして描かれていた。

サキュバスの容姿に関しては魅力的で美しい女性であると言われるが、これは「幻影や魅了でそう思わせているだけで、実体は醜い」との説もある。また、男性形のインキュバスとは表裏一体で、サキュバスの姿で男性から精液を採取し、それをインキュバスに変身後に女性へと注いで望まぬ妊娠をさせる存在とトマス・アクィナスは『神学大全』で記述しており、両性具有の同一者であるとも言われている。

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣(ジェヴォーダンのけもの、仏: La bête du Gévaudan)は、18世紀のフランス・ジェヴォーダン地方(現在はロゼール県の一部)に出現した、オオカミに似た生物。1764年から1767年にかけマルジュリド山地周辺に現れ、60人から100人の人間を襲った。獣が何であったかは、現在も議論されている。 事件は未確認動物学と陰謀の両方の面の憶測がされている。

15世紀に首都パリに迫ったオオカミの群れの史実が有名であるが、18世紀後半のフランスでは、ソワソンやペリゴール(現在のドルドーニュ県)など各地でオオカミ被害が相次いでいた。

ユダヤ史関連人物の一覧

ユダヤ史関連人物の一覧(ユダヤしかんれんじんぶつのいちらん)は、族長時代から20世紀までユダヤ人の社会・政治・文化に影響を及ぼした人物、ラビ、宮廷ユダヤ人、ユダヤ教に基づく哲学者、ユダヤ系出自のキリスト教・イスラム教への貢献者などの一覧。

他言語版

This page is based on a Wikipedia article written by authors (here).
Text is available under the CC BY-SA 3.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.